bandimage

NEWS

  • / 2018.9.13
    10/10 発売の 2nd Mini Album 「The Places」が、10月度のタワレコメンに選ばれました。
  • / 2018.9.1
    10/10 発売の 2nd Mini Album 「The Places」の詳細を公開しました。
    WORKS にてご確認ください。
  • アーティスト写真を更新しました。
    BIOGRAPHY にてご覧ください。
  • 2nd Mini Album「The Places」Release Tour の出演者を発表しました。
    公演詳細、チケット情報は LIVE にてご確認ください。
  • / 2018.8.1
    オフィシャルグッズサイトがオープンしました。
    The Songbards Official Goods Store
  • / 2018.8.24-27
    イギリス、リヴァプールにて開催された、「International Beatle Week」に出演しました。
  • / 2018.2.2
    「The Songbards - 春の香りに包まれて(Official Video)」を YouTubeに公開しました。
  • / 2018.1.31
    The Songbards First Mini Album「Cages in the Room」が発売されました。
    作品詳細は WORKS にてご確認ください。
  • / 2018.1.28
    「The Songbards - 太陽の憂鬱(Official Video)」を YouTubeに公開しました。
  • / 2017.10.1
    ・「出れんの!?サマソニ!? マグロック賞」として、「マグロック 2017」に出演しました。
  • / 2017.8.20
    ・「出れんの!?サマソニ!?」コンテスト枠を勝ち抜き、「SUMMER SONIC TOKYO」に出場しました。
  • / 2017.8.5
    ・「RO JACK」に優勝し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」に出場しました。
  • / 2017.5.7
    ・「出れんの!?カミコベ!?」に優勝し、「COMIN' KOBE '17」に出場しました。

  • BIOGRAPHY

    bandimage

    Photo:Inoue Shono / Styling:Takahashi Hiiragi

  • The Songbards (ソングバーズ)
    2017年3月に神戸で結成された四人組ロックバンド。
    メンバー4人それぞれが作詞作曲に携わり、全員が歌で楽曲に参加するスタイルが特徴。
  • 松原 有志 Gt.Vo.

    1994/8/29 生まれ

    音楽、映画、絵画、動物が好き。

  • 上野 皓平 Gt.Vo.

    1994/5/15 生まれ

    バナナとインドが好き

  • 柴田 淳史 Ba.Vo.

    1994/8/30 生まれ

    映画とコーヒーが好き

  • 岩田 栄秀 Dr.Vo.

    1994/9/26 生まれ

    髪型がよく変わるので顔で覚えてください

  • LIVE

    bandimage3
  • / 2018.10.2
    Ruby Tuesday 33
    at. 新代田 FEVER
    w/ SEVENTEEN AGAiN
      ズーカラデル
      Unblock
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥1,000-
    オフィシャルサイト
  • / 2018.10.6
    Date fm MEGA★ROCKS 2018
    open.11:30
    オフィシャルサイト
  • / 2018.10.7
    FM802 MINAMI WHEEL 2018
    open.13:30
    オフィシャルサイト
  • / 2018.10.8
    reGretGirl pre. 「take out」ツアー
    at. 高松TOONICE
    w/ reGretGirl
      ヤングオオハラ
      TENDOUJI
    open.16:30
    adv.¥2,500-
  • / 2018.10.13
    No Maps ROCK DIVERSITY
    at. 札幌
    adv.¥3,900- / door.¥4,500-
    オフィシャルサイト
  • / 2018.10.14
    弁天周遊祭 =BENTEN CIRCUIT 2018=
    at. 新潟
    open.11:30 / start.12:00
    adv.¥3,500-
    イープラス
  • / 2018.10.23
    LOFT三つ巴ライブ2018
    at. 新宿 LOFT
    w/ シナリオアート
      ネクライトーキー
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,300-
    チケット取り置き
    イープラス
  • / 2018.10.27
    ボロフェスタ 2018
    open.11:00
    1Day.¥4,800
    オフィシャルサイト
  • / 2018.11.2
    「The Places」発売記念インストア
    アコースティックライブ+サイン会

    at. タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
    start.19:00
    入場整理&サイン会参加券をお持ちの方から優先入場
  • / 2018.11.16
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
    w/ The Fax
      ドミコ
    open.19:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.11.17
    「The Places」発売記念インストア
    アコースティックライブ+サイン会

    at. タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
    start.18:00
    入場整理&サイン会参加券をお持ちの方から優先入場
  • / 2018.11.18
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 大阪 Live House Pangea
    w/ ムノーノ=モーゼス
      +1 Band
    open.17:30 / start.18:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.11.22
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 東京 TSUTAYA O-nest
    w/ Gi Gi Giraffe
      +1 Band
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.12.6
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 福岡 Queblick
    w/ The Wisely Brothers
      The Cheserasera
      The Folkees
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.12.7
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
    w/ The Wisely Brothers
      The Cheserasera
      THE HELLO WATER
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.12.12
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
    w/ Sentimental boys
      Radicalism
      キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • / 2018.12.21
    The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」Release Tour

    at. 神戸 VARIT.
    w/ Easycome
      キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
    open.18:30 / start.19:00
    adv.¥2,800- / door.¥3,000-
    イープラス
  • WORKS

  • The Songbards 2nd Mini Album
    「The Places」


    1.Time or Money?
    2.ローズ
    3.斜陽
    4.21
    5.Inner Lights

    ¥1,600-(tax in)/NWWCD-003/Nowhere Works/2018.10.10-
  • The Songbards - 春の香りに包まれて (Official Video)

    The Songbards First Mini Album
    「Cages in the Room」収録

    Producer:Shu Sasaki (PERIMETRON)
    Director:Takuya Uchiyama

  • The Songbards - 太陽の憂鬱 (Official Video)

    The Songbards First Mini Album
    「Cages in the Room」収録

    Producer:Shu Sasaki (PERIMETRON)
    Director:Daichi Sugimoto

  • The Songbards First Mini Album
    「Cages in the Room」


    1.太陽の憂鬱
    2.ハングオーバー
    3.Philadelphia
    4.街
    5.春の香りに包まれて

    ¥1,500-(tax in)/NWWCD-002/Nowhere Works/2018.1.31-
  • The Songbards First E.P.

    1.雨に唄えば
    2.青の旅
    3.Time Capsule

    ¥500-(tax in)/Nowhere Works/2017.7.1-
  • The Songbards - 雨に唄えば (Official Video)

    The Songbards First E.P. 収録

    Director:Sho Fujimoto

  • mailandsns
    Gt. Vo. の松原有志です。

    The Songbardsの公式サイトにブログが存在していたことを知らなかった皆さん。 そして忘れていた皆さん。

    すみませんでした。
    メンバーの中で唯一ブログを書いていない僕のせいです!


    しかし今回、

    「2週間のイギリス滞在」

    というブログにはもってこいのテーマを武器にして、ついに書くことにしました。


    自分で撮った写真も交えながらのブログにするので、バンドと一緒にイギリスに行ったつもりになって楽しんでいただければなと思っています。



    突然ですが、2013年の秋...

    大学生だった僕は友人もいない、ひとりぼっちの音楽好き。
    ようやく知り合った初めての友人、のそのまた友人。

    もう1人の音楽好きに出会い、その年の秋には一緒にバンドをすることになりました。

    このインタビューでも話したように、バンド結成のきっかけはandymoriにあったのですが、

    バンドとして最初になりたかった像。

    それは「ビートルズ」でした。

    2014年4月5日の初ライブ(当時はAnt Lilyというバンド名)でもビートルズのLet It Beをしたくらいです。

    その後の活動の中で、ビートルズ好きな店長がいるライブハウス、神戸VARIT.に出会い、バーイベントが誕生しました。
    初期のバーイベントは1ヶ月に多い時で4回、ドラムなしの3人体制で、ビートルズの曲のみ4時間、で入場無料という、

    「何を考えてんだ」というスケジュールでした。

    案の定後半に向けては月1回に落ち着いてゆき、他のバンドのカバー曲やオリジナル曲もやるようになりました。

    2017年、The Songbardsになってからも月1で続いたバーイベント。

    そもそもこのイベント自体が、ビートルズが昔ライブをしていた有名なライブハウス

    「Cavern Club(キャバーンクラブ)」

    でライブをすることを目標としていて、
    そのために売り上げの一部をバンドに還元していただき、昔ビートルズがやっていた下積み(ドイツのハンブルクでの毎日7~8時間のライブ)を参考に作り上げたものでした。



    そして2018年...

    International Beatle Weekの存在を知った僕たちは、日本窓口の山本さんにライブに来ていただき、渡英のチャンスを掴むことができたのです。

    本当にバンドを応援してくれて、バーイベントに来てくれた方々のおかげです。

    渡英前に六本木VARIT.で開催したTokyo Beatle Sessionにも多くの方が足を運んでくだ さり、色々な方のサポートと喜びと期待を胸に僕達は出発の朝を迎えました。



    出発当日の朝...

    Vo. Gt.上野皓平が寝坊し大遅刻したことはさておき、
    (前日に万全を期して集合場所に近い友達の家に泊まらせてもらいながらも)

    期待と不安とチケットを握りしめ空港に向かいました...。




    楽器の命を預け、出発を前に奮い立つ皓平。

    (この後搭乗真近になり、左手に持っているエフェクターボードを空港の売店に置き忘れ、走って取りに行きました)



    飛行機は中国、ロシア、北欧の上を飛び、12時間にも及ぶ移動となりました。



    飛行機から見たイギリス。

    日本に比べて少し気温は低く、乾燥気味。
    山が少ないのは日本との大きな違いでした。





    イギリスでの移動は、長距離は列車、近くであれば有名な2階建ての赤いバス、それか地下鉄が基本でした。

    これぞイギリス。

    2階建ての赤いバスは移動にとても便利で何度も利用しました。
    お気に入りは2階の1番前から見る、流れる街の景色。
    道は意外と狭く運転もなかなか荒いので走行中の席の移動には要注意です。

    第2回へ続く。
    初めましてベースの柴田です。
    今日は先日のThe SongBARdsについて少し書かせていただきます。

    まずはお越しくださった方、本当にありがとうございます。今回のイベントは過去最高数の人に来ていただきました!
    思い返せば約1年ほど前、改名前のAnt Lilyの時からVARIT.でバーイベントを始めさせてもらいました。最初はドラムもなく、お客さんも2,3人。そんな状況から始まりましたが、昨日はバースペースがお客さんでいっぱいでした。その光景はとても嬉しかったです。
    カミコベパワーなのか?チャージフリーパワーなのか?そんなことどうでも良いぐらいに嬉しかったです。来てくれた方々のおかげで、僕たちも楽しい時間を過ごさせてもらいました!

    また、今回は初の試みでゲストを呼びました。お笑い芸人のゼロカランから、ツッコミのわき君に来ていただきました!今回は相方のたいが君が体調不良でネタは出来ませんでしたがとても良かった!
    こうやって、バーイベントがもっとみんなで楽しめて、もっと人が集まる、そんなイベントにしていきたいなと思ってます。なので、まだ来たことない人は是非来るべきです!すでに来てくださった皆さんはまた足をお運びください!

    最後に、バーイベント内でボーカルの皓平が好きな詩や本の一説を紹介する時間がありますが、実は何を紹介するのか僕たちメンバーも当日のその時まで知りません。
    個人的に楽しみな時間の1つなんですが、昨日も凄く良い言葉を言っていたなぁと思ったのでその時の言葉を僕なりの解釈をした上で使わせてもらいたいなと思います。

    今回のイベントでは先ほど書いた以上にいろんな想いがありました。
    イベント中にもいろんな想いを感じました。
    そのことを皆さんに伝えるために全てここに記すのではなくその想いを僕が受け止めて、変わりたいと思います。
    変わって皆さんにまた見てもらうことで今回感じた気持ちが伝わればなと思います。

    要するに次回も更に良いイベントにしていくから、また来てくれ!ということです!

    6/19 次回のThe SongBARdsもお待ちしてます!

    あ、普段のライブもかなり最高です!来てね!
    お久しぶりです。上野です。

    先日行われましたCOMIN’KOBE17について、書きたいと思います。

    出れんの!?カミコベ!?というオーディションを勝ち抜いて、
    見事にCOMIN’KOBE17に出演することができました。

    僕自身は、大きなフェスに毎年参加するというようなタイプではなかったですが
    自分の好きなバンドが大きなステージでライブをしている映像は
    たくさん見る機会があるので、とても憧れていました。

    中学校の頃に、The Beatles、Queen、Radioheadのライブ映像をよく見ていました。
    教室の壁にフレディーマーキュリーの絵を描いて、
    「壁に落書きしたらあかんけど、よく似てるな」という様な事を言われて
    ちょっと誇らしげになった事をよく覚えています
    話が逸れましたが、

    何千人、何万人の人達が音楽を聴くために
    人によっては何時間もかけて、一斉に一箇所に集まってくる

    そういうのって単純に良いなって思いました。
    人間にとって音楽はなくてもいいものだと思います。
    でもやっぱりあった方が良いから、こうやっていっぱい人が集まってくるんだと思います。

    あった方が良いものばっかり集めれば、幸せになれるのかはわかりませんが
    あった方が良いものの中から、本当に大切だと思うものを選んでいくこともまた
    必要な事だと思います。

    いろんな人の、いろんな意見に
    流されたり、惑わされたりする事もあると思いますが

    自分の人生なので、自分の感覚で本当に大切だと思うものを選んでいきたいです。

    詩人、茨木のり子さんの
    『自分の感受性くらい』という詩がとても良いので
    もし知らなかったら、ぜひ見てみてください。

    まだまだばかものです。

    上野
    こんにちはギターボーカルの上野です。
    先日解禁しました、あるライブ情報について
    紹介がてらブログを書こうと思います

    何はともあれ、Ant Lily改名後にブログを書くのは初めてなので
    改めまして、The Songbardsをよろしくお願いします。

    というわけで早速本題に入りますが、
    Ant Lilyの頃に『Liveactbar”Ant Lily”』というライブを
    僕らが勝手に本拠地としている、KOBE VARIT.にてやらせていただいておりました。

    内容は
    ・19:00~23:00の4時間ぶっ通しライブ
    ・入場無料 + 1D ¥600
    ・オリジナル曲他、The BeatlesやOasis、andymoriなどのカバー

    というかなり過激なもので、
    一度来たらもう、、しばらくAnt Lilyは見たくもない!と思ってしまうような
    焼肉食べ放題的なライブでした。その壮絶たるや想像の範疇を超えて極めて、

    という冗談はさておきまして、
    この「Liveactbar”Ant Lily”』がThe Songbardsに改名した後も
    継続してできることになりました(拍手)

    その名も『The SongBARds』(拍手)
    なんて便利な名前でしょうか。。

    時間、入場料、ドリンク代などは変更はありませんが、
    グレードアップしてお届けします!!!!

    毎月1回1年間! そう毎月1回1年間!!さあ!みんなで👂

    初回は4月3日! そう初回は4月3日!!さあ、、


    The Songbards一同お待ちしております。

    barimage
    お久しぶりです。はじめまして。

    まずは自己紹介からします。
    岩田 栄秀(いわた よしひで)です。
    メンバーと同じ22歳です。
    中学の吹奏楽で打楽器をやっていて、
    16歳の頃から、ドラムを叩いてます。

    前のバンドが去年の6月に解散して、フラフラしてた僕ですが、
    11月ごろに、「ドラムを叩いてくれ」と誘ってくれました。
    というのも、eo Music Try というコンテストがあって、
    その決勝ライブがBIGCATであったんですが、
    ドラムがいないのに応募して、うまく勝ち進んでしまい、
    困った末にバリットのスタッフさんの紹介で僕のことを知ったとのことでした。
    もちろん、大丈夫かよこいつら、とも思いましたが、面白いなーと思いました。

    そんな馴れ初めから、
    今となっては初対面がそんなに最近とは思えないほどに馴染んでます。
    まあそんな感じですごく気が合うんです。
    いい奴らです。いいバンドだと思います。
    それまで色々悩んでたんですが、
    この4人なら、またバンドができると思いました。
    おっさんになってもやってたいです。

    これから楽しくなりそうです。
    mailandsns